旅犬ノート

甘えん坊のイングリッシュコッカースパニエルのレスターと旅するノート

フォーカスのあたらない写真でも残したい日がある

f:id:leicestergram:20181023175255j:plain

ほとんどの写真はピンがあってない。

レスターと朝の散歩しながら片手でGX7にLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.という手軽なカメラで撮影したもの。

ある日の朝、

歩きながらこげらを見つけた。いつもの昆陽池公園で、

夕方の散歩でよく会うもみじちゃんのお母さんが写真を撮ってるところに偶然会った時のこと。

「こげらがいるのよ」って教えてもらった。

 

それまでは、一人で行く散歩の時はいつもiPhoneでしか写真は撮ってなかったし動画もインスタ用に簡単に撮っては編集できるのでカメラを持つ習慣がなかった。

次の日は、5Dmk3に70-200mm F2.8を持ち出かけたけど流石に片手ではEOSを操作するのは難しいし、

とにかく重すぎる

Leicaでは、ピントを合わせてる間にレスターには引っ張られ、鳥には逃げるだろうとGX7にしたけど、

f:id:leicestergram:20181023180142j:plain

静止している被写体でさえ、

このクオリティーで満足できない。

f:id:leicestergram:20181023180239j:plain

それでも、木々の間に見つける小鳥たちを探すのはとても楽しく、

今まで散歩中は、ほとんど下を向いて歩いていたことに気づいた。せっかく、たくさんの野鳥や木々が挨拶してくれているのにもったいない。

f:id:leicestergram:20181023180507j:plain

レスターは相変わらず、

くんくん匂いばかりかいでいる。耳も地面にすれて汚れるし、カメラなんて見向きもしない。

どんなに良い匂いがするのだろう。

f:id:leicestergram:20181023180635j:plain

平凡なすずめだって親しみがわく。

このあと、すずめたちに混じって木の中にうぐいすを見つけた。

f:id:leicestergram:20181023180924j:plain

どこにも映ってないでしょ。

近い葉にピンがあたり奥のうぐいすは見えない。

シャッターチャンスは何度もこない。

 

ヤマトと小次郎のお母さんとも帰り道で会ったけど、

f:id:leicestergram:20181023181106j:plain

これもピンがずれている。

お母さんの顔が認識できない良い写真だと、

 

ピンがあたってなくてもお気に入りの日々がここにある。

 

2018.10.22

 

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
インギーのブログはこちら・応援よろしくおねがいします。にほんブログ村